困難を乗り越えるカギ

こんにちは、高嶋です。

「困難だから

 やろうとしないのではない。

 やろうとしないから困難なのだ」

ローマ帝国の哲学者、セネカの言葉です。

非常に感慨深い言葉ですよね。

何かを始めようと思っても

やる前に

「難しそう、私には無理なんじゃ…」

そうハードル高く感じてしまった

という経験はないですか?

今日はそんな時に私が実践している

打開策を紹介していきますね。

ポイントは『細分化』です。

例えば、

薔薇(バラ)という漢字は

難しい漢字に思えますが、

バラの「薔」の字を分解してみると、

くさかんむりに、

「土」

「人」「人」

「回(る)」

という簡単な漢字の組み合わせで

出来ていますね。

私なりの覚え方は

・「くさかんむり」に「土」

・「人」と「人」がバラ園を「回る」

と覚えると簡単です。

そんな風に分けて考え

分けて取り組んでみると 

意外とできたりするものです。

他にも、ダイエットを例にして考えてみましょう。

ご存知の方も多いと思いますが

まず、ダイエットの大原則として

摂取カロリーと消費カロリーの

関係性を理解する必要があります。

人間が痩せるためには

摂取カロリーが消費カロリーを

上回らなければ自然と痩せていくのです。

【摂取カロリー < 消費カロリー】

という状態にするということです。

そして、まずは

痩せることをゴールと考えたら

道筋(ステップ)を考えます。

■ダイエット達成のステップ

====================

ステップ1:

年齢、性別を加味した自分の消費カロリーを知る

ステップ2:

自分が日頃、摂っているカロリーがどれくらいかを知る

ステップ3:

摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やす

もしくは両方やる

====================

(※糖質制限などいろんなダイエットがありますが、

 今回は痩せるための基本的な考え方についてです)

基本的にこの3ステップですが

まずは、細分化して

痩せられない問題点を知ることが大事です。

例えば、

自分が日頃、摂っているカロリーを

把握できていないのであれば

まずは自分がどれくらい

カロリーを摂取しているのか

知る必要があります。

(今は便利なアプリなどもありますので

 それらを利用するとよいです)

また、食事では適正な

カロリーを摂取していても

食後のデザートや間食など

甘いものやジュースなどで

カロリーを摂りすぎている場合もあります。

そのほかにも、

食事面での摂生が難しければ

単純に運動する習慣を付けて

消費カロリーを上げるという

選択肢も見えてくると思います。

ダイエットに限らずですが、

まずは『細分化』して考えて

問題点や躓く部分を自分で

シッカリと把握することが重要です。

これができれば

あとは対策を考えていけばいいので

大抵の問題は解決できます。

ですから、

もしあなたが今後、

なにか困難だと感じるものに

挑戦する時には

まず、ゴールまでの道筋を考えて

そこから細分化して考えてみてください。

問題点をあぶり出すことで

突破口が見えてくると思います。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

パートナーとの関係を良好にする方法とは?

こんにちは、高嶋です。

「人とのやりとりが上手くいかない…」

「なんで分かってくれないんだろう…」

こんな悩みって誰しもあると思います。

今日は、そんな悩みを解決する

『対人関係を良好に築く方法』

についてお伝えします。

人間の感覚には

「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」

の5種類があり

これらを「五感」といいます。

五感を感じる部分は

感覚器といって下の5つがあります。

目(視覚)

耳(聴覚)

鼻(嗅覚)

舌(味覚)

皮膚(触覚)

私たち人間はこの五感によって

外部からの情報を感じとっています。

そして、五感を働かせる中で

情報の優位性がそれぞれ違います。

優位性は

「視覚」「聴覚」「体感覚」

と3つあるのですが、

人によって得意なものが

違ってくるということです。

=====================

・視覚タイプ:見ることを優位にしている

・聴覚タイプ:聴く事を優位にしている

・体感覚タイプ:身体の感覚を優位にしている

=====================

例えば、

何かを学習する時に

身振り手振り、相手の表情などを

視覚から感じたり

文字を見ることで

学びが深まるという方もいれば

目を瞑ってリラックスした状態で

音声学習をした方が頭に

「ス~ッ」と入ってくる方もいます。

どちらがいいということではなく

人によって

それぞれタイプが異なるのです。

そして、ここからが

今日一番お伝えしたい事なのですが

相手の優位性タイプを知ることは

コミュニケーションの円滑化にもなります。

相手に何かを伝える時には

まず相手の優位タイプを理解して

「どうすれば伝わりやすいかな?」

と考えてみてください。

あなたに大事なパートナーがいる場合

パートナーのタイプが分かれば

気持ちの伝え方、デートの場所、

プレゼントの渡し方など

相手が喜ぶ方法を

選択することができますよね。

ですから、

パートナーとの関係も上手くいく

というワケなんです。

これから相手に何かを伝える時は

自分本位な伝え方をして

「全然分かってくれない…」

「何回も言っているのに…」

と嘆くのではなく

まずは、相手が

「視覚」「聴覚」「体感覚」

どの五感が優位かを知ることから始めてみてくださいね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

自分で「やる気」を操る方法とは?

こんにちは、高嶋です。

「なんだかやる気が出ない…」

「最近マンネリ化している気がする…」

そんな悩みって誰しもあると思います。

そんな時、

「やる気(モチベーション)を

 自由自在に作り出せたら」

って考えたことありませんか?

今日は自分自身で

やる気(モチベーション)を

操る方法をお伝えしていきますね。

そのコツとして

脳科学的に言われているのが

『ドーパミンをうまく出させること』

です。

ドーパミンとは快楽物質のことで

それが出てくる一つの要因が

なにか達成した時などに

「やったー!!目標達成したぞー!!」

と脳神経が刺激されて

ドーパミンという快楽物質が出るのです。

そうすると脳はまた

その状態を体験したくなります。

これが「強化学習」というものです。

ということは、

ドーパミンが頻繁に出るように

その仕組みを自ら作り出せばいいわけです。

例えば、あなたが

登山をする機会があれば途中に

小さな目標を設定してみてください。

「よし、まずは2合目!」

「3合目まで順調順調!」

「4合目まで達成!」

「よし、5合目もクリアだ!」

という具合に

小さな目標を達成したら

その都度、思いっきり喜んで

「ドーパミンの放出」を

自ら起こしていくことです。

そのためには最初の目標を

到達しやすい小さなものにして

最初の「やったー!!」の

ハードルを下げることが重要となります。

そして、

これはコーチングに置いても

同じことがいえるのです。

==================

①到達したい目標を明確にする

②それに対して現在地を確認する

③経過地点を細分化し、目標を明確にする

(小さな目標を設定する)

④最初の一歩(24時間以内)に

 踏み出すステップを明確にする

==================

これは、脳科学を土台にしています。

自らが

「ドーパミンを出すぞ!」

という意識を持って

ドーパミンをたくさん放出することが

『やる気を自ら作り出す』ことに

繋がるのでさらに加速していく

良いサイクルに入っていきます。

「最近、なんかやる気がでないなぁ」

と、感じている人は意識することで

日常に良い変化が出てくるかもしれませんよ。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

発想力を高める方法

こんにちは、高嶋です。

アップルの創業者

スティーブ・ジョブス氏の

言葉にこんなものがあります。

『想像力を高めたいなら、

仕事場を出て散歩をしなさい』

ジョブス氏自身も

よく散歩をしていたのは有名な話です。

他にも、誰もが知るような

有名な偉人たちの中にも

散歩を生活の一部にしていた

事例がありますので紹介していきますね。

=================

・誰もが知る大作曲家 ベートーベン

=================

午後になると紙と鉛筆を持って

ウィーンの町を歩き回って

ひらめいたことを

全て書き留めていたそうです。

===============

・進化論で知られる ダーウィン

===============

彼は家の庭に考え事をするための

ウォーキング専用の道を作って

始める時に石を積み上げて1周するたびに

石を一つずつ崩していたということです。

「今日は石3つ分考えたな」

「今日は石2つ分か…」

と考え事の難易度を

石の数で表していたそうです。

===============

・「クリスマスキャロル」の著者

 チャールズ・ディケンズ

===============

(※クリスマスキャロル=

 世界で最も有名なクリスマスのお話)

彼なんか、1日48キロも歩いていたそうです。

フルマラソンでも42,195キロなので

ちょっと想像もできない距離ですが…

だからこそ、

彼の本では魅力的な登場人物が

生まれてくるのかもしれませんね。

これだけ歴史に名を残すような

人物たちが積極的に散歩を

生活の中に取り入れているので

『散歩=発想力が高まる』

というのは紛れもない事実

だというのが分かります。

では、なぜ

「歩くことが発想力の向上につながるのか?」

というと、

歩くことにより多くの血液が体内を循環し

脳にも酸素が十分に供給されるからです。

それが脳の活性化につながるのです。

天才的な偉人達が積極的に歩くことで

自らの脳の状態を高めようとされるなら

私たちはもっと積極的に

歩くという行為を行う必要がありますね。

また、運動不足の人にとっても

「運動不足の解消」と「発想力の向上」

という、一石二鳥になるので

ぜひ、歩くということを生活の一部に

取り入れてみてくださいね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

ある夫婦の喧嘩

こんにちは、高嶋です。

これはあるご夫婦の会話です。

何となく似たような経験ありませんか?

あなた、近所の〇〇さん、

ゴミの日じゃないのに、ゴミを出すの。

そうか、言ってやったらいいんじゃないか?

そんなことしたら、カドが立つじゃない!

じゃあ、町内会の会合で

話に出してみたらいいじゃないか?

そんなことしたら

もっとカドが立つじゃないの!

あなたって本当にわかってないんだから!

もういい!

「・・・」

こんな展開に

身に覚えはありませんか?(笑)

女性は多くの場合、

解決は求めていません。

女性の会話の目的は、

共感や分かち合いです。

なので、

もし、上の会話で、

うまくいく会話例をあげるとしたら、

あなた、近所の〇〇さん、

ゴミの日じゃないのに、ゴミを出すの。

そうか、おまえも大変だなあ。

そうなのよ! 

…という具合です。

男性にとっては

違和感があるかもしれませんね(笑)

そして、さらにこの一言を

加えることができたら達人です。

いつも感謝しているよ。

(わかってくれて)ありがとう!!

一方で、男性は解決策を出そうとします。

それを理解しておくと、女性も

「私のためを思って考えてくれてるんだな」

と思うと、コミュニケーションを

取りやすくなるかもしれません。

ちなみに・・・

男性は、1度に1つの話題に集中します。

女性は、複数の話題を

並行して話すことができます。

だから、女性は

最初の話題が終わっていないのに

別の話題に移ったり、 

突然、前の話題に戻ったりするんですね。

そんな女性の話を聞いている男性は、

「結論は何なんだ?」

と思うかもしれませんが、

多くの場合、結論はありません。

女性は、相手と分かち合い、

親密になりたくて話しているですね。

こういった違いを知った上で会話すると、

お互いにもっと理解し合うことができ、

コミュニケーションも上手くいきます。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

思いやりの奇跡

こんにちは、高嶋です。

アメリカを代表する高級ホテルとして

有名なウォルドルフ・アストリアホテル。

こんな秘話があります。

まさにアメリカンドリームです。

・ 

フィラデルフィア市にある

小さな三流ホテルでのことです。

ある晩遅くに、

年配のご夫妻がやってきました。

夜勤のフロント係が対応しました。

そのご夫婦は

疲れた様子で懇願します。

「お願いだから、泊めて頂けませんか? 

いつも泊まるホテルは満室でしたし、

町中どこに行っても、

ホテルに空いている部屋はありません。

もうこんなに遅い時間になり、

二人ともくたくたなんです。

お願いできませんか?」

ですが、その晩、

そのホテルも満室でした。

その町で大きな会議があり、

町中のホテルが埋まってしまっていたのです。

普通だったら

「うちも満室です」

と断るところかもしれません。

しかし、夜勤のフロント係は

しばらく考えて答えました。

「客室は全部、満室です。

ですが、私の部屋でよろしければ空いています。

私は今晩夜勤ですから。

客室ほど良くはありませんが

清潔にはしています。

私のお客として、

お泊まり頂くのはどうでしょうか?」

その提案にご夫婦は

「…ありがとうございます!」

心から感謝し、

寝床につくことができました。

そして翌朝・・・

朝食の席で、ご夫妻は

ウエイターに伝言しました。

「昨夜の夜勤のフロント係に

重要な要件で会いたいのですが…」

ウエイターに呼ばれた夜勤のフロント係は

朝食会場に入るとすぐに夫婦に気づき、

「よく眠れましたか?」

と尋ねました。

ご夫婦は心の底から感謝してこう言いました。

「あなたは、とても立派な方です。

ニューヨークに

超一流のホテルを建てますから 

そこの総支配人になって頂けませんか?」

夜勤のフロント係は、

あまりに驚いて言葉が出ませんでした。

この夫婦は、

頭がおかしいのではないか

とさえ思いました。

それはそうですよね。

フロント係として

一度対応しただけのお客さんに

「ホテルを建てます」

と言われたのですから。

そのフロント係は、

口ごもりながら

「・・・素晴らしいですね…」

と答えるのが精一杯でした。

すると、客は自己紹介をしました。

「私はジョン・ジェイコブ・アスターです」

ジョン・ジェイコブ・アスターとは、

アメリカの実業家であり、

財閥アスター家の一族です。

こんな経緯で

ウォルドルフ・アストリアホテルは

オープンしたそうです。

そして、その夜勤のフロント係は、

長年にわたって、世界で最も名を知られた

ホテルの総支配人となりました。

歴代のアメリカ大統領や

国王などの元首クラスの賓客が多く、 

日本の昭和天皇や歴代首相も宿泊しています。

もちろんそのフロント係は

見返りを期待したわけではありませんが

思いやりが奇跡を生みました。

ルールに縛られず、

目の前の人に親切に

接したいものですね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

自信はいらない

こんにちは、高嶋です。

よく自己啓発の世界では

「自信を持ちましょう」

と言われます。

そうは言われても、

どうやって自信を持てばいいのでしょうか?

結論から言えば

「自信はいりません」

行動するかどうかを

自信のある・なしで決めてはいけません。

チャンスが来たら

自信があろうとなかろうと

掴みにいくことが大切です。

アメリカの26代大統領

セオドア・ルーズベルトが

こんな言葉を残しています。

 「出来るか?」と尋ねられた時は

 いつでも「出来る」と答えなさい。

 それから急いでどうすればいいかを探しなさい。

新しいことに挑戦するときは

誰だって自信が無いものです。

だって、やったことがないのですから。 

ですから、自信がなくて当然です。

自信がないことは

悪いことではありません。

なので、自信があってもなくても

「やる」と決めることが大切です。 

「やる」と決めたら

どうすれば達成できるかだけを考えましょう。

そして、とにかく行動です。

人並外れた努力をしていけば

いつの間にか、

揺るがない自信がついていることでしょう。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

この人は誰でしょう?

こんにちは、高嶋です。

今から8人の偉人の特徴をあげます。

あなたは何人答えられるでしょうか?

ではいきますね!

Q1

小学校の時に

「学習知能がなさすぎる」と言われました。

仕事では「生産性がなさすぎる」と言われ、

2度解雇された経験を持っています。

・ 


答え:トーマス・エジソン(発明家)

Q2

彼は4歳になるまで話すことができず、

7歳まで文字を読めませんでした。

・精神的に遅れていて

・社会性はなく

・いつまでもとりとめのない空想にふけっている

と言われてしまい、学校を退学になりました。

・ 

答え:アルベルト・アインシュタイン

(相対性理論を発見した理論物理学者)

Q3

新聞社に勤めていましたが

「想像力に欠け、良い発想がない」

という理由で解雇になった。

何度も破産した経験も持っています。

・ 


答え:ウォルト・ディズニー

Q4

奇行が目立ち、

精神病院に入れられたことがあります。

画家ですが、生きている間に売れた絵は

たった1枚。

それも友達の妹が買ってくれました。

日本円にすると5700円相当だったそうです。

・ 


答え:ゴッホ

(「ひまわり」などで知られる印象派の代表的画家)

Q5

ミュージシャンです。

ディカ・レコードのオーディションで不合格になり、

コロンビア、パイ、HMVなどのレコード会社にも

契約を軒並み断られ続けました。

・ 


答え:ザ・ビートルズ

(最も成功したと言われるイギリスのロックバンド)

Q6

バイオリンで、自己流に作曲した曲を弾いた時

「作曲者としての才能はない。」と言われました。

作曲家として致命的なことに

聴覚を失いました。

・ 


答え:ベートーベン

(聴覚を失ったまま、偉大な5つの交響曲を作曲)

Q7

子供の頃は非行少年で、

矯正学校に入れられました。

プロ野球選手になったが、

ホームラン記録を作るまでは、

三振記録を持っていました。


答え:ベイ・ブルース 

(メジャーリーグでホームランの

 最高記録保持者(714回)であると同時に、

 1330回の三振をしている。)

Q8

バスケットボールでは、

高校の時にチームから外されました。

・ 


答え:マイケル・ジョーダン

(バスケットボール史上、

 最高のプレーヤーと言われています) 

いかがでしたでしょうか?

どの人も、世界中の人に知られる偉人です。

ですが、

どの人も順風満帆だったわけではなく、

むしろ能力を疑われていた経験を持っています。

あなたの成功は、

これまでのあなたではなく、

これからのあなたにかかっています。

最後にこの言葉を贈ります。

 成功とは、意欲を失わずに

 失敗に次ぐ失敗をくりかえす能力

  ーウィンストン・チャーチル

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

あなたが1秒に10万個失っているものとは?

こんにちは、高嶋です。

突然ですがクイズです。

あなたが毎秒10万個失っているものって

何だと思いますか?

ちょっと考えてみてくださいね。


答えを発表します。

あなたが毎秒10万個、

1時間に3億6000万個、

1日に86億4000万個失っているもの、

それは「脳細胞」です。

人は1日に86億4000万個のペースで

脳細胞を失い、老化していきます。

記憶中枢と言われる海馬も

1年で約1%ずつ小さくなっていく

と言われています。

これだけ聞くと

恐ろしいかもしれません。

でもちょっと待ってください。

今日は、あなたの脳の老化を

止める方法をお伝えします。

あなたの脳の老化を止める方法、

それは運動です。

運動と聞くと、走ったり、

重いバーベル持ち上げたり、

はあはあ呼吸が荒くなるような

運動を思い浮かべるかもしれません。

しかし

脳の老化を止めるには

そんなに激しい運動は必要ありません。

「週3回40分の早歩き」

これを継続するだけで

脳の老化を食い止めることができます。

むしろ海馬が成長し、

短期記憶・長期記憶の両方が改善されます。

前回のメールで

77歳で陸上を始めた

オルガさんのお話をしました。

彼女は77歳で陸上を始めるまで

陸上競技と無縁の人生でしたが

・34種目の世界記録

・750回の優勝

という記録を残しました。

科学者がオルガさんの脳を調べると

同年代の人よりも健康で海馬が大きく

記憶力が優れていることがわかりました。

このように運動をすることによって

脳に良い影響があることが

科学的にわかっています。

何歳からであっても、

今から運動を始めれば

あなたは脳の老化を止め、

脳を育てることができます。

週に3回40分、早足で歩くこと。

たったそれだけで

脳に良い影響があります。

40分歩くのが大変なら

まずは10分だけでも歩くようにしましょう。

徐々に歩く時間を伸ばしていけば

大丈夫です。

早速、毎日の習慣に

取り入れてみてくださいね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

90歳の陸上選手

こんにちは、高嶋です。

・34種目の世界記録

・750回の優勝

という輝かしい記録を残した

陸上選手がいます。

なんとその女性が

陸上を始めた年齢は77歳。

2014年6月に他界したオルガ・コテルコさんです。

科学者は彼女の脳を研究しました。

彼女のような高齢でも

運動が脳に影響を与えるのか?

という研究です。

ごく普通の90歳の方々と

(普段ほとんど体を動かさない方)

オルガさんの脳を比較した結果、

オルガさんの脳は他の90歳の方々よりも、 

健康で海馬も大きいことがわかりました。

記憶の面でも

格段と優れていたそうです。

ちなみに、

オルガさんは77歳で陸上を始めましたが、

それ以前に陸上とは無縁だったそうです。

つまり、

運動を始めるのに

決して遅すぎるということはなく、

何歳で運動を始めようと

脳は強化できるということです。

「サクセスフル・エイジング」

(幸福に老いること)

という言葉があります。

日本でも「健康寿命」という言葉が聞かれますね。

何歳からでも遅くありません。

人生で最も若いのは、常に“今”です。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香