真のリーダーとは?

こんにちは、高嶋です。

リーダーシップという言葉があります。

研修や本もたくさん出ていますよね。

「リーダーシップを

 発揮できるようになりたい」

このメルマガの読者さんの中にも、

そう思う方がたくさんいらっしゃると思います。

そこで今日は、私が

「真のリーダー」

だと思う人のお話します。

私だったら

こんな人についていきたい、

そう感じられる人のお話です。

アメリカの初代大統領

ジョージ・ワシントンのエピソードです。

ある日、北風が吹き荒ぶ

とても寒い日のことです。

ワシントンはコートを身にまとい、

襟を立てて、帽子を深く被って

本部を出ました。

身を覆い隠していたので

彼が軍の司令官だとは

誰も気が付かなかったことでしょう。

ワシントンが道を歩いていると、

要塞の防壁工事をしているところに

差し掛かりました。

ワシントンは立ち止まり、

数人の兵士達が一生懸命

丸太で塀を作るの見ていました。

兵士たちは、重い丸太を

積み上げるために奮闘していました。

そのかたわらで、

伍長が命令する声を

張り上げていました。

「持ち上げろ!さあ、全員一緒に!」

伍長は大声で叫びます。

兵士たちは、一斉に力を

振り絞って押しましたが、

その丸太は重すぎて、

あとちょっとのところで

滑って転がり落ちてしまうのでした。

伍長は、もう一度叫びました。

「さあ、持ち上げろ!

 どうしたんだ?

 持ち上げろと言っているだろう!」

兵士たちは、もう一度

懸命に持ち上げようとしました。

しかし、

もう少しというところで、 

またもや丸太は滑り

転がり落ちてしまうのでした。

「力を込めて持ち上げろ!」 

「さあ、全員一緒に上げるんだ!」

伍長が叫びます。

丸太が再び転がり落ちそうになったその時、

ワシントンは大急ぎで駆け寄り、

兵士たちと一緒になって全身の力を振り絞り、

丸太を押しました。

すると、

丸太を一番上に積むことができました。 

汗びっしょりになった兵士たちが

 あえぎながらしきりに礼を言い始めると、

ワシントンは伍長の方を向いて言いました。

「君の部下たちが

 この重い丸太を持ち上げるのを

 なぜ手伝わないのか?」

ワシントンが問いかけると、伍長は、

「何だと?私は伍長だぞ!

 おまえにはわからんのか?」

「無論わかっている!」

ワシントンは、コートをパッと開き

その軍服を見せたのでした。

軍服には階級章がついています。

伍長は、自分よりはるかに上官の

ワシントンに対して威張ってしまい、

冷や汗が止まらなかったことでしょう。

「私はただの司令官にすぎない!

 今度、丸太が重くて

 君の部下たちに

 持ち上げられないようなら、

 私を呼んでくれたまえ!」

そう言うと去っていきました。


どうですか?

私だったら

こんなリーダーについていきたいですし、

こんなリーダーでありたいと思います。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

クイズ:「おかん」の意味わかりますか?

こんにちは、高嶋です。

人間関係が良好になり、

信用・信頼を得やすくなる

コミュニケーションのコツがあります。

それは

「相手目線の言葉を使う」

ということです。

これを意識すると

部下、家族、生徒、恋人、

あらゆる人間関係で

気持ちが伝わりやすくなります。

例を出しますね。

私は、医療関係機関の研修やコーチングを

受け持たせていただくことがあります。

医療機関は、専門職なので

専門用語がたくさんあります。

でも、専門用語を日常的に使うので、

いつの間にか誰でも使う「常識」になってしまい、

一般の人に伝わらないことが少なくありません。

例えば、次の医療用語のうち

いくつわかりますか?

1:おかん

お母さんのことではないですよ(笑)

答え:おかん→悪寒

2:かんしん

興味があることを意味する

「関心」ではありません。

「感心」でもありません(笑)

答え:かんしん→汗疹=あせも

3:せいしき

「正式」ではありません。

答え:せいしき→清拭=体をふくこと

4:ごえん

あなたと出会えた

「ご縁」ではありません(笑)

答え:ごえん→誤嚥=誤って気管内に入ること

以上、4問いかがでしたでしょうか?

漢字で見ればわかる言葉でも、

音だけでは何を意味しているか

わかりづらいですよね。

こうした専門用語が当たり前になると、

ついつい患者さんにも使ってしまいがちですが

患者さんには伝わりづらいです。

なので、これらの言葉を

患者さんに伝わる一般的な言葉で

話すようにすれば

それだけで意味がスムーズに伝わり、

患者さんも安心してくやすくなるでしょう。

自分の常識は

必ずしも相手の常識ではない。

これを強く意識して、

相手に伝わる言葉で

お話ししたいですね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

いつも応援しています!

高嶋由香

ご主人のことでため息をつく女性

こんにちは、高嶋です。

ご主人のことでため息をつく女性。

何かに悩んでいる様子です。

そんな彼女に私は聞いてみました。

旦那さんのいいところって何ですか?

すると、

「誠実で、真面目で、何と言っても、優しい人です。」

次に私は

こんな質問をしてみました。

高嶋:

こんな旦那さんだったらどう思いますか?

あなたが望むように面白い人だけど、 

不誠実で、自分勝手。

家庭のことを顧みず、

不真面目で遊び歩いていて、 

生活費も入れてくれない。

優しさのひとかけらもなくて、 

DVの一歩手前。

子供たちのことは、

他人事で全く考えない。

そんな人だったらどう思いますか?


私がそんな旦那さんを演じながら

質問すると、

私の演技がよっぽどおかしかったのか、

彼女は大笑いして、

「主人にも良いところがあるのに、

当たり前になって見えなくなっていました。

気づくことができました。

ありがとうございます。」

と最高の笑顔で、最高の握手をしました。

これは以前、実際にあったお話です。

人は、身の回りの人の良いところや

すでに手に入れているもの、

すでに達成していること、

そういったことが

当たり前になって

見えなくなってしまいがちです。

すると、不満が出てきます。

何か不満を感じた時には、

・いいところって何かな?

・私がすでに手に入れてるものって何だろう?

・すでに達成していることって何だろう?

そんなふうに視点を変えて、

一つひとつ書き出してみるのが

おすすめです。

思っている以上に

たくさんの良いことや達成したことが

 身の回りにあることに気づきます。

ぜひやってみてくださいね。

今日もありがとうございます。

いつも応援しています!

高嶋由香

問題解決能力を高める3つの方法

こんにちは、高嶋です。

今日は「問題解決能力を高める方法」について

お話します。

その前に昨日の復習ですが、昨日のメルマガでは、

「いま最も求められるスキル」は

「ソフトスキル」だとお話しました。

ソフトスキルとは、

コミュニケーション能力やリーダーシップ、

ファシリテーションスキル、問題解決能力、

などの内面的な性質に基づいたスキルです。

AIが発達している現在だからこそ、

AIとは逆の、人間的な、内面的な

スキルが求められています。

そこで今日は、ソフトスキルの一つ

「問題解決能力」についてのお話です。

問題解決能力を高める方法は、

一言でいえば

「問題を切り分けること」です。

問題を切り分けると、

問題解決が非常に楽になります。

では、どのように切り分ければいいのか?

そこがあなたの腕のみせどころです。

そこで今日は、

「問題の切り分け方」のポイントを

3つお話します。

問題解決能力を高める方法1つ目:

「あなたが影響を及ぼせるのかどうか」

自分が影響を及ぼせないことを

悩んでいても仕方がありません。

例えば、

「こんな時になんで雨がふるの?!」と

腹を立てたり、悩んでいても、

天気が回復するわけでないわけではありませんよね。

このように自分が影響を及ぼせないことに

悩むのではなく、

「雨でも楽しめる方法はないかな?」

と、自分で影響を及ぼせることに

フォーカスしてみましょう。

現時点では

影響不可なもの、影響可能なものかどうか

切り分けて考えてみましょう。

またはその中間、つまり、

あなたが働きかけることで、

部分的にでも影響可能な要素が出てくるかどうか。

それを切り分けると、

自分が何に取り組んだらいいかが見えてきます。

影響可能なものに取り組みましょう。

問題解決能力を高める方法2つ目:

「誰の問題かを切り分ける」

自分の問題か、

相手の問題か、

双方の問題か・・・

いったい誰の問題なのかを

切り分けて考えてみましょう。

例えば、親が子供の問題を

まるで自分の問題のように扱うことで

子供が自立するのを妨げになっていても、

気づかないという場合もあります。

誰の問題なのかを切り分けると、

物事をどう扱えば良いかが見えてきます。

子供が自分で対処したら

良い問題なんだということがわかれば、

親は、子供が自立して取り組む

応援者になることができるのです。

自分の問題に取り組み、

相手の問題については応援しましょう。

問題解決能力を高める方法3つ目:

「優先順位を決める」

重要性と緊急性で切り分けると

優先順位を出すことができます。

1、緊急で重要な問題

2、重要だけど緊急ではない問題

3、緊急だけど重要ではない問題

4、重要でも緊急でもない問題

2番は緊急ではありませんが重要です。

緊急ではないため、後回しにしがちですが、

取り組むことで長期的に生産性が高いですね。

以上のように

問題解決能力を高める方法として

「問題の切り分け方」を3つご紹介しました。

1:自分が影響を及ぼせることかどうか

2:誰の問題か切り分ける

3:重要性と緊急性で切り分けて優先順位をつける

問題の切り分け方は他にもありますが

今日は代表的なものを3つご紹介しました。

早速意識してみてくださいね。

では、今日もありがとうございます。

高嶋由香

いま最も求められるスキルって何?

こんにちは、高嶋です。

「今最も求められているスキルって何?」

と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

最近だと、よく広告でも出てきますし

プログラミングと答える方が

多くなってきているようです。

AIの発達がもてはやされている現在、

プログラミングのようなスキルが

求められるのもよく分かります。

しかし、

だからこそ、逆に最ももとめられるのは、

AIにはできない、もっと人間的、内面的な

性質を引き出すスキルです。

それを「ソフトスキル」と呼びます。

「ソフトスキル」の対となる「ハードスキル」が

外面的に身につけるスキル、

例えば、学歴や弁護士・会計士

FP・プログラミングなどのスキルとすれば、

「ソフトスキル」は、

コミュニケーション能力やリーダーシップ、

ファシリテーションスキル、問題解決能力、

などの内面的な性質に基づいたスキルです。

つまり、

もっと人の本質の部分です。

生きる姿勢や価値観に基づいたスキルです。

「ソフトスキル」は既にあなたの中にある力ですが、

まだ充分に発揮されていないかもしれません。

あなたの内側からこの力を引き出し、

その力をどんどん活用していけるようになるように、

サポートするのがコーチングです。

そして、

ものごとや人間関係をよりよく

扱っていくことができるようになり、

あなたの人生に、のぞむ結果を出すことが

ますますできるようになるわけです。

そこで明日は、

ソフトスキルの中でも

「問題解決能力を高める」

ということにフォーカスして

そのためのコツを3つお伝えします。

いつも応援しています。

高嶋由香(ニックネーム:テレサ)

クジラのジャンプ見たことがありますか?

クジラのジャンプ見たことがありますか?

突然ですが、クジラのジャンプって見たことがありますか?

私はあります。(テレビの番組で)ものすごい迫力で、近くにいたら間違いなく心臓が止まるとお思います。

クジラってなんのためにジャンプするのかと言うと、身体についた微生物や邪魔者を落とすためと言われています。

私なら背中に邪魔者がついたら、カラダを柱にこすりつけるか、孫の手でかきます。

実は、クジラがジャンプする本当の理由は、波を起こすためです。

バーンとジャンプして海に潜ると、その周りに波が起き、丸い輪ができます。その輪はいつまでも消えません。その中心にクジラがいるんです。

なんとなくイメージできますか?私たちっていつも世の中に不満を持っています。

コロナがなんとかとか、オリンピックがなんとかとか・・・そんな不満を持ったら、普通の人は家族に不満をぶつけたり、同僚とお酒飲んでその話で盛り上がったりします。でも私はそうしないように心がけています。不満を誰かに話してもしかたないからです。不満があったら、「どうやってその不満を解消しようかな?」と考えるのが好きです。それが新しいチャレンジなったりもします。チャレンジがあるとワクワクした人生になると思っています。

自分で自分の考えを変える。チャレンジする。それがクジラのジャンプです。波を起こし、その中心に自分がいる。波紋が広がる。小さな輪が広がっていく。その輪はいつまでも消えない。これが私の考えるコーチングの概念です。

長くなりますので、またお話させてください。では!