感情を生み出す3つの力【その3】

こんにちは、高嶋です。

前々回のメールより

感情を生み出す3つの力について

お伝えしてきました。

1つ目が「姿勢」

2つ目が「自分への質問」でした。

今回は最後の3つ目の要素

『ランゲージ』

についてお伝えします。

”ランゲージ”とは言葉ですが

今回は、感情言語の話です。

(感情を決める言葉)

私はプロコーチを通じて

何百、何千という方と

仕事をしてきた経験から

断言できることがあります。

普段使っている言葉を変えるだけで

(自分の気持ちを表現する言葉)

「考え方」「感じ方」「生き方」

変えることができるのです。

どういうことか?

それは、

同じ出来事でも

「憂鬱だな」と言うこともできれば

待機中と捉えることもできます。

同じ出来事でも

「イライラする」と言うこともできれば

刺激と捉えることもできます。

同じ経験でも”言葉の違い”により

各人各様の”経験”が成立します。

言葉がポジティブにも

ネガティブにも作用していますよね。

つまり、

言葉=「できごとへの意味づけ」

であり、言葉遣いを変えると

経験の持つ意味合いも変わります。

「出来事をどう意味づけるか?」

それがあなたの経験になり

考え方、感じ方、生き方に

変化をもたらすのです。

ですから、

自分の使っている言い回しが

やる気を無くさせるのなら

もっと元気の出る言い方をしましょう。

そこで・・・

1:普段、口にすると嫌な気分になる

 言葉を3つ選んでください

2:その言葉の代わりに使うべき

 ポジティブになる言葉を考えてみて下さい

あなたが普段から使う言葉が

”将来のあなた”を作っています。

ぜひこの2ステップをやってみてくださいね。

これだけであなたは

前向きな感情を作ることが

出来るようになります。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香