相手との『架け橋』作る5つのポイント

こんにちは、高嶋です。

今日は私のメルマガで

何回か登場している

「ラポール」についてです。

対人関係でとっても大事なことなので

復習のつもりで最後までご覧くださいね。

では、始めます。

どうしたら、相手は

「自分の言っていることを

 分かってもらっている」

そう感じるのか?

そのカギは「共感」です。

「うんうん、分かるよ」

「それは大変だったね」

そうやって共感してもらえると

人は「安心感」を持ちます。

安心して初めて、

相手の言葉を受け入れる

土台ができるのです。

これを、コーチングの言葉で

「ラポール」といいます。

フランス語なのですが

日本語では「架け橋」で

相手との関係を構築する

という意味です。

そして、

ラポールを深めるポイントは

相手の存在を認めることです。

その鍵として、

5つのポイントを紹介します。

■ラポールを深める5つのポイント

====================

1:相手の目を見て笑顔で元気よく挨拶をする

2:「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える

3:相手へ頼み事をしたら声をかけて経過を聞く

4:相手の良い点に注目して褒める

5:相手の話を熱心に傾聴する

====================

この5つのポイントのように

良好なコミュニケーションを

日々積み重ねることが

信頼関係の構築につながります。

本来、相手との信頼関係は

長い時間をかけて築いていくものです。

目の前の相手とラポールを

構築するために、

「どんな言葉をかけることが効果的か?」

意識を高めることから

はじめてみましょう。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

面倒なことを楽しくしちゃう方法

こんにちは、高嶋です。

私たちの「脳」から、

最大限の効果を引き出すには

「カギ」となるものがあります。

そのカギとは『質問』のことです。

私のメンターである

アンソニー・ロビンズの話が

分かりやすいので紹介しますね。

かなり前の話ですが、

アンソニーが長い出張から帰ってくると

いろいろな会社の

重役の方から届いた伝言、

「至急電話をください」

のメモがたくさんあり

仕事関係や友人関係、

合わせて100件くらいの

電話をすぐにしなければ

ならない状況でした。

その時、アンソニーは

つい、

「何でこんなに時間がないんだろう」

そう思いそうになりました。

ですが、

「これではいけない」

と思い直し、

こんな質問を自分にしたそうです。

「思った通りの結果を得るために

 やるべきことを楽しくやるには

 どうすればいいだろう?」

その時に、ハッと

半年ほどジャグジーに

入っていないことを思い出し

ノートパソコンとスピーカーフォンを

ジャグジーに持ち込んで、

電話をかけ始めたそうです。

もちろん、

これをこのまま真似するのは

ハードルが高いでしょうが(笑)

大事なのは

「どうせやるなら

 楽しくやる方法はないかな?」

と自分に質問することです。

この質問は非常に強力で

「楽しくやるには?」と

脳がその方法を考えるだけで

楽しくなり始めてしまいます。

ですから、あなたがもし

ネガティブな感情に

なりそうな時があれば

楽しくやる方法を

考えてみてくださいね。

「楽しくやるには?」

この質問が

脳から最大限に

力を引き出す鍵です。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

素敵な人になる方法

こんにちは、高嶋です。

「本当の意味で素敵と

 言われる人になりたい」

なりたい自分の理想に合わせて

徹底的に見た目を変える努力も

必要ですが、

もう一つ、知っておかなければ

ならない重要なことがあります。

それは、心の持ち方

つまり、

「マインド」を理想の

自分に近づけることです。

私は、人生をステージアップするためには

マインドも変えるべきと思ってます。

・ビジネスを拡大したい

・出世したい

・素敵なパートナーと結婚したい

・彼にずっと求められる自分でいたい

・周りの同僚や友人たちから一目置かれたい

・人生そのもののステージをあげたい

目標に到達するためには

イメージブランディングを

する必要があります。

だから、

そのためのマインドは

非常に重要な要素になります。

なぜなら、

私たち人間の脳は

変わるということに、

ストレスを感じやすく

抵抗感を持っているからです。

変われない理由は

自分軸ではなく

他人軸で生きているからなのです。

あなたが見た目が美人で

洗練された服装でも

いつもおどおどしていたり

自信なさそうな表情をしていれば

それ相応の人にしか見えません。

逆に、自信にあふれ

人の目を気にせずに

自分らしく生きている人は

背筋もピンと張っていて

笑顔が美しく、周りからは

より一層魅力的に見えるものです。

モヤモヤしたままの

気持ちでいると表情も曇ります。

さらに、

何かを我慢し続けていると

表情まで疲れて見えます。

ですから、

見た目は常にあなたの心と

密接に繋がっているのです。

いくらやせ我慢して顔に

出さないようにしても、

今度は姿勢に現れます。

「類は友を呼ぶ」

というのは本当で、

幸せな人や成功者は、

やはり成功者とつながっていきます。

もしあなたが、

このマインドの問題を

いつまでも解決しないでいたら、

どれだけ外見を磨いても

本当の意味で幸せにはなれません。

あなたの人生は

他の誰のものでもなく

あなたのものです。

あなたが思い描いている未来に向けて

変われるのはあなただけなのです。

考え方は、とてもシンプルです。

人は問題というネガティブなものに 

焦点を当てると、気持ちが暗くなり、

前向きな取り組みができなくなります。

 逆に、問題が解決した状態という 

ポジティブなものに焦点を当てると、 

気持ちは前向きになります。

ぜひ、少しでいいので

ポジティブなものに

焦点を当ててみましょう。

そのマインドが大事です。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

あなたの人生を決める要素

こんにちは、高嶋です。

コーチングで使われる言葉に

「グローバル・ビリーフ」

というものがあります。

【〇〇は~~である】というような、

“その人が持っている思い込み”

のことです。

要するに、

あなたの中に知らず知らずに

入っている「思考パターン」です。

この思考パターンが

自分自身のことを否定的に捉えたり

他人や世界のことを

マイナスなイメージで見たりすると

結果として、

ストレスを生んだり、

望まない現実を引き寄せたりします。

そのうえ、ビリーフは

ストレスの元となるばかりでなく

「欲しいものや望む結果が

 どうしても得られない」

という人生の制限の中に

あなた自身を閉じ込めてしまうのです。

ビリーフはあなたが

・最高の人生

・望んでいる状態

・欲しい結果

を手にするためのカギなります。

つまり、

どのようなビリーフを持つかが

(なにを真実と信じるか)

あなたが人生で手にする

結果を決定づけます。

あなたは、あなたの信じるような

人生になっていきます。

これは、心理学としても

重要視されているポイントになります。

ぜひ、あなたの思い込みと

正しいと信じている考え方を

もう一度見直してみましょう。

きっと、あなたの人生が

良い意味で変化していきますよ。 

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

10代がイライラする理由

こんにちは、高嶋です。

10代のころのイライラは

本人、そして周りにいる人も

理由が分からないことがあります。

ですが、

脳の発達プロセスを聞くと

それが理解できるのです。

その、脳のプロセスとは

・ストレスを生み出す脳の部位が

 完成するのが17才のころ

・ストレスを抑える脳の部位が

 完成するのが25才のころ

ということです。

意味もなく反抗するのは

中学生あたりから始まるので

ストレスを生み出す部分が

17才のころに完成するというのは

納得できますね。

私たちは、自分の枠で

相手を見るときには

理解できないことが多いです。

しかし、

相手の立場に立って

事実を知った時に物事は

違って見えてきます。

脳の発達が完成している大人でさえ

ストレスを抑えられません。

ですが、

・ストレスを生み出す脳の部位が

 完成するのが17才のころ

・ストレスを抑える脳の部位が

 完成するのが25才のころ

というように

「脳の完成には時差がある」

これを知っていたら

自分でもコントロールが難しい

状況を理解することができます。

だからといって、

それを言い訳にしてはいけませんが

相手のことをもっと知ろうとすることは

相手の事をもっと

理解する助けになりますね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

コーチングで魚を釣る

こんにちは、高嶋です。

もし、私が

「これまでの人生で得た

 経験・スキルの中で

 これだけは無くしたくない

 と思うものはなんですか?」

そう問われたら、

間違いなくコーチングと答えます。

おかげで、人生がいい意味で

楽になり望む結果も出るので

私はコーチングを活用できて嬉しいです。

それはもう、知らない方に

申しわけないくらいに思います。

なので、一人でも多くの方に

役立てて欲しいと思っています。

なぜそんなに

「コーチングが人生に

 良い影響を与えるのか?」

それを、魚釣りの話に例えると

魚釣りはコーチングで

問題をどう扱うかに気づき、学んで

それが楽にできるようになるんです。

それに対して、

魚をもらうことは問題に対する

答えをもらうことと同義です

つまり、

魚をもらう

  ||

誰かに問題を解決してもらう

魚釣りを覚える

  ||

自分で問題解決できる

の違いになります。

コーチングは人生の魚釣り

(問題解決)が楽しく

できるようになるスキルです。

例えば、

コミュニケーションに

すぐ生かすことができる

「プレフレーミング」

をあげてみます。

プレ:事前に

フレーム:枠をつける

平たくいえば「まえおき」です。

私は、コミュニケーションの達人は

”まえおきの達人”

でもあると思うことがあります。

効果的なのは、

相手のことを最初から

特別なポジションにおいてしまう、

次のようなプレフレーミングです。

例えば、

「あなたのことを信頼している

 から言うのですが…」

と、プレフレーミング(まえおき)されたら

それは「信頼されている」という

ポジションで、次の言葉を

聞くことになるわけです。

他にも、

「あなたなら分かってくれると

 思うからいうのだけど…」

とプレフレーミングされたら

「分かってくれる人」という

ポジションにおかれて

聞くことになるわけです。

ちょうどこの前、介護施設の

施設長さんと話す機会があり

スタッフとのコミュニケーションの

悩みを聞いていた時に

「今、私に仰って下さったように

 スタッフのことを大事に思うから言うわけで」

というのをそのまま、

スタッフの方と話す時に

「まえおき」したらどうでしょうか?

そう私は提案しました。

すると、施設長さんは

「えっ!?」

と驚くような表情をされて

さらに

「ご自身がスタッフの立場だとして

 そう言われたらどうですか?」

と伺うと、にっこり笑って

目を輝かせてくださいました。

これは、まさに

AIや機械にはできない、対人、対感情を

真に扱っていくことができるスキルです。

コンピュータは、問題解決の

「魚」を提供することが

できるかもしれません。

しかし、

これからの時代、私たちに必要なのは、

「魚」ではなくて「魚釣り」です。

ものごと、そして人間関係を

どう扱っていったらいいか

ますます分かるようになる、

コーチング力が必要だと痛感しています。

あなたに少しでも

コーチングに興味や関心を

持ってもらえたら嬉しく思います。

きっとあなたの人生の

役に立つ素晴らしいスキル

それが『コーチング』です。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

後悔から抜け出す3つのポイント

こんにちは、高嶋です。

あなたは、「後悔」という

足かせで動けなくなってしまった

という経験はないでしょうか?

「後悔は悪いこと」と

考えてしまいがちですが

後悔は未来に活かすことが

できるのです。

その、第一歩は…

・どうにもならないことを受け入れる

・潔くあきらめる

その気持ちを”強く”持つ

ことが大切なんです。

そして、

「後悔は決して悪いことではない」

これも覚えておいてください。

起こってしまった過去を

変えることはできませんが

この先の未来はいくらでも

変えることができます。

後悔から学んだことを

自分の未来に活かしてください。

後悔を成長の糧にする

ための3つのポイントです。

■後悔を成長の糧にする3つのポイント

=================

1:どうにもならない事を受け入れる

2:自分と他人は違うと認識する

3:後悔から学んで行動する

=================

これからは、

後悔をヒントに変えて

少しずつ進んでいきましょう。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

キム・ピュータ

こんにちは、高嶋です。

脳の半分が機能していないとしたら、

あなたはどんな人生になるでしょうか?

これは実話です。

アメリカで脳の左半球が

ほとんど機能しない状態で

生まれたミッシェルさん

という方がいました。

脳が半分機能していないと聞くと

考えることが難しそうです。

しかし

ミッシェルさんの右半球の脳は

医師・研究者達の予想を超えて

左半球の機能をどんどん

補い始めたそうです。

それだけではありません。

脳になんの障害がなくても

できないようなこと

「〇〇年の〇月〇日は何曜日」

なども答えられたそうです。

他にも、

映画「レインマン」で

ダスティンホフマンが演じた

実在のモデルであった

キム・ピークさんは

生まれつき、

右脳と左脳の連携部分を

損傷していて

医師たちに

「重い発達障害が予想されるので

 施設に入れた方がいい」

と言われていたそうです。

ところが、彼は

5歳で文字が読めるようになると

ものすごい速さで本を読み進めて

さらに、読んだ本を

隅から隅まで記憶して

まるで、

「人間グーグル」

のようになったそうです。

そこからさらに、

シェイクスピアの作品、

アメリカ全土の郵便番号のリスト、

イギリスの王室についての情報など

ありとあらゆる知識を記憶して

コンピュータ並みの能力だったので

キム・ピークという名前から

「キム・ピュータ」

と、あだ名を付けられました。

前にお話しした事もありますが

私は以前、教師でもありました。

私が出会った子供達も

はじめて聞いた曲をその場で

ピアノで弾ける子や、

「〇年の〇月〇日は何曜日?」

と聞くと

100年前でも、100年後でも

すぐに計算できる子もいました。

本当にビックリしますよね?

「発達障害」「自閉症」などと

診断名を言われますが

実はもの凄い才能をもっている

愛すべき天才たちなんです。

脳の可能性、人の可能性は

計り知れないと思わされる事実ですね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

成功のカギを握る人物

こんにちは、高嶋です。


今回の話は

「失敗を成功に切り替える方法」

です。

成功者の多くは最初から

上手くいったわけではありません。

appleの創業者である

スティーブ・ジョブスは

自分で創った会社を一度

クビになっています。

他にも、

発明家として有名な

トーマス・エジソンは

電球を発明するまでに

何千回という失敗を重ねて

「私は失敗したことがない。

 ただ、1万通りのうまくいかない

 方法を見つけただけだ」

という名言を残しています。

2人は失敗をしましたが

今は語り継がれています。

それが答えで、

成功するには

上手くいかなかった時に

諦めずに続けることです。

成功するまで続ければ

失敗から成功になりますよね。

なので、失敗というのは

自分の意味づけです。

成功のカギは誰でもない

あなた自身が握っているのです。

「望む未来を得るのか…」

「学びを得て成長していくのか…」

この2つの結果でしかありません。

意味づけは100%

自分にかかっています。

失敗ではなく「学び」だと

切り替えればいいです。

とてもシンプルですよね。

いかがだったでしょうか?

良い意味づけに変えることで

自分に良いエネルギーを

与えることができます。

少しでいいので

あなたの思考も変えていきましょう。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香

狩猟脳になってませんか?

こんにちは、高嶋です。

先日、こんな質問をいただきました。

「できるだけ楽をしたいと

 思ってしまうのですが…

 そんなことを考える

 自分がコンプレックスです。

 どうしたらいいですか?」

この質問を下さった方は

悩んで自分を責めていました。

ですが、

私はその方のオープンさを

とても嬉しく思いました。

そして、こう伝えました。

「大丈夫です、

 脳はそうできていますから」

実は、人間はできるだけ楽をして

エネルギーを消費しないような

仕組みになっています。

なぜ、そんな仕組みなのか?

というと

あなたを守るためです。

あなたを守るために脳が

コントロールしているのです。

だから、安心してください。

「楽をしたい」

と思うことは正常です。

歴史を振り返ることで

納得してもらえると思うので

ちょっと振り返ってみましょう。

人間の誕生からの歴史を

1日に例えると

驚くことに、

最初の狩猟時代が

夜の11時40分までです。

要するに、

次にいつ獲物を仕留めて

食べ物にあずかれるか保証がない時代が

圧倒的に長かったのです。

だから、脳はできるだけ

エネルギーを使わないように

するのも無理はありません。

ただ…

今はその時代とは違います。

「自分の人生をこう生きたい!」

「望む未来を自分で作りたい?」

と思うなら、

自分の脳をうまくその気に

させなければいけません。

それが、

「コーチングのスキル」なので

あなたにもコーチングに

興味を持っていただけたら

嬉しく思います。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香