能率よく仕事をするにはトマト?

こんにちは、高嶋です。

「能率よく仕事をする

 テクニックはトマトです!」


「えっ!どういうこと!?」

そう思いますよね…

実は、

イタリアの作家である

シリロ氏が考案した

能率よく仕事をするための

時間配分テクニックが

日本語に訳すると

「トマトテクニック」なんです。

イタリア語でトマトのことを

「ポモドーロ」と言うので

『ポモドーロ・テクニック』

この呼び方に馴染みのある方が

多いかもしれませんね。

これは、シリロ氏が愛用していた

キッチンタイマーがトマト型だったことが

由来しているといいます。

「長時間の作業で疲れてしまった…」

「集中力がなかなか続かない…」

こんな経験は誰でもあると思います。

実は、私たちの脳の特徴として

通常は集中力があまり長く続かないように

できているらしいのです。

なぜかというと

目の前のことだけに

何時間も集中できてしまうと

周りの環境変化についていけず

危険なこともあり得るので

自分を守るためにそうできているわけです。

「ポモドーロテクニック」とはどんなものか?

ご存じの方も多いかもしれませんが

簡単に解説していきますね。

■ポモドーロ・テクニック

===================

1:タイマーを25分に設定する

2:タイマーが鳴るまでタスクを行う

3:タイマーがなったらタスクを中断する

4:5分間休憩する

(水を飲む、深呼吸など、リラックスする)

※脳を休ませるために仕事とは全く関係ないことをする

1~4を繰り返すように

作業25分→休憩5分→作業25分→休憩5分→

作業25分→休憩5分→作業25分→休憩5分

※30分を4セットやるイメージ

====================

最初はなかなか

集中できないかもしれませんが

繰り返しやってみて下さい。

最初は25分ではなく

15分とかからでも問題ありません。

あなたに合った一番集中できる

時間を見つけて下さいね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香