FBI捜査官による「人に好かれる公式」

こんにちは、高嶋です。

あなたは人に好かれたいですか?

「私は人に嫌われたいんです…」

という方は

なかなかいないと思うので

今回の話は

きっとあなたの役に立つ話だと思います。

FBI捜査官の

「行動分析プログラム」によると

「スパイ」のテクニック

=「ナンパ」のテクニック

なんだそうです。

スパイもナンパも

相手と親しくなる必要があります。

そのために、

「人に好かれるにはどうしたらいいか?」

という科学的な分析の結果、

人に好かれる3つの

ポイントが分かったそうです。

=========

ポイント1「頻度」

=========

「単純接触効果」とも

言われますが、

接触頻度が増えることで

相手に好意や信頼を

抱いてしまう状態のことです。

例えば、

頻繁に行くカフェの店員さんに

好意を抱いてしまったり

仕事で取引先に頻繁に

出向くことで信頼関係につながる

なんてこともありますよね。

接触する頻度を上げて相手に

認識してもらうことが重要となります。

===========

ポイント2「持続時間」

===========

相手と一緒に過ごす時間の長さのことです。

クラスメイトに好意を抱いたり

職場恋愛が多いのも

長い時間を共有する環境にあるから

と、いえると思います。

=========

ポイント3「強度」

=========

「強度」とは

こちらの言葉、しぐさ、態度などで

相手の望みを叶えてあげることです。

こういういい方をすると

難しく聞こえるかもしれませんが

「相手に好意があることを知らせる」

という意味合いに近いかもしれません。

例えば、

笑顔であいさつをしたり

相手の話に

「うんうん、そうだよね」

と共感したりなども有効です。

共感してもらえたら

誰でも嬉しい気持ちになりますよね。

という具合に、

相手に「好意」があることを

感じてもらえたら

今度は相手からも

好意を持ってもらえるのです。

最後にまとめると

『人に好かれる公式』=

「頻度」+「持続時間」+「強度」

となります。

プライベートでも

仕事関係においても

役立つと思いますので

意識されてみてくださいね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香