パートナーとの関係を良好にする方法とは?

こんにちは、高嶋です。

「人とのやりとりが上手くいかない…」

「なんで分かってくれないんだろう…」

こんな悩みって誰しもあると思います。

今日は、そんな悩みを解決する

『対人関係を良好に築く方法』

についてお伝えします。

人間の感覚には

「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」

の5種類があり

これらを「五感」といいます。

五感を感じる部分は

感覚器といって下の5つがあります。

目(視覚)

耳(聴覚)

鼻(嗅覚)

舌(味覚)

皮膚(触覚)

私たち人間はこの五感によって

外部からの情報を感じとっています。

そして、五感を働かせる中で

情報の優位性がそれぞれ違います。

優位性は

「視覚」「聴覚」「体感覚」

と3つあるのですが、

人によって得意なものが

違ってくるということです。

=====================

・視覚タイプ:見ることを優位にしている

・聴覚タイプ:聴く事を優位にしている

・体感覚タイプ:身体の感覚を優位にしている

=====================

例えば、

何かを学習する時に

身振り手振り、相手の表情などを

視覚から感じたり

文字を見ることで

学びが深まるという方もいれば

目を瞑ってリラックスした状態で

音声学習をした方が頭に

「ス~ッ」と入ってくる方もいます。

どちらがいいということではなく

人によって

それぞれタイプが異なるのです。

そして、ここからが

今日一番お伝えしたい事なのですが

相手の優位性タイプを知ることは

コミュニケーションの円滑化にもなります。

相手に何かを伝える時には

まず相手の優位タイプを理解して

「どうすれば伝わりやすいかな?」

と考えてみてください。

あなたに大事なパートナーがいる場合

パートナーのタイプが分かれば

気持ちの伝え方、デートの場所、

プレゼントの渡し方など

相手が喜ぶ方法を

選択することができますよね。

ですから、

パートナーとの関係も上手くいく

というワケなんです。

これから相手に何かを伝える時は

自分本位な伝え方をして

「全然分かってくれない…」

「何回も言っているのに…」

と嘆くのではなく

まずは、相手が

「視覚」「聴覚」「体感覚」

どの五感が優位かを知ることから始めてみてくださいね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香