自分で「やる気」を操る方法とは?

こんにちは、高嶋です。

「なんだかやる気が出ない…」

「最近マンネリ化している気がする…」

そんな悩みって誰しもあると思います。

そんな時、

「やる気(モチベーション)を

 自由自在に作り出せたら」

って考えたことありませんか?

今日は自分自身で

やる気(モチベーション)を

操る方法をお伝えしていきますね。

そのコツとして

脳科学的に言われているのが

『ドーパミンをうまく出させること』

です。

ドーパミンとは快楽物質のことで

それが出てくる一つの要因が

なにか達成した時などに

「やったー!!目標達成したぞー!!」

と脳神経が刺激されて

ドーパミンという快楽物質が出るのです。

そうすると脳はまた

その状態を体験したくなります。

これが「強化学習」というものです。

ということは、

ドーパミンが頻繁に出るように

その仕組みを自ら作り出せばいいわけです。

例えば、あなたが

登山をする機会があれば途中に

小さな目標を設定してみてください。

「よし、まずは2合目!」

「3合目まで順調順調!」

「4合目まで達成!」

「よし、5合目もクリアだ!」

という具合に

小さな目標を達成したら

その都度、思いっきり喜んで

「ドーパミンの放出」を

自ら起こしていくことです。

そのためには最初の目標を

到達しやすい小さなものにして

最初の「やったー!!」の

ハードルを下げることが重要となります。

そして、

これはコーチングに置いても

同じことがいえるのです。

==================

①到達したい目標を明確にする

②それに対して現在地を確認する

③経過地点を細分化し、目標を明確にする

(小さな目標を設定する)

④最初の一歩(24時間以内)に

 踏み出すステップを明確にする

==================

これは、脳科学を土台にしています。

自らが

「ドーパミンを出すぞ!」

という意識を持って

ドーパミンをたくさん放出することが

『やる気を自ら作り出す』ことに

繋がるのでさらに加速していく

良いサイクルに入っていきます。

「最近、なんかやる気がでないなぁ」

と、感じている人は意識することで

日常に良い変化が出てくるかもしれませんよ。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香