クイズ:「おかん」の意味わかりますか?

こんにちは、高嶋です。

人間関係が良好になり、

信用・信頼を得やすくなる

コミュニケーションのコツがあります。

それは

「相手目線の言葉を使う」

ということです。

これを意識すると

部下、家族、生徒、恋人、

あらゆる人間関係で

気持ちが伝わりやすくなります。

例を出しますね。

私は、医療関係機関の研修やコーチングを

受け持たせていただくことがあります。

医療機関は、専門職なので

専門用語がたくさんあります。

でも、専門用語を日常的に使うので、

いつの間にか誰でも使う「常識」になってしまい、

一般の人に伝わらないことが少なくありません。

例えば、次の医療用語のうち

いくつわかりますか?

1:おかん

お母さんのことではないですよ(笑)

答え:おかん→悪寒

2:かんしん

興味があることを意味する

「関心」ではありません。

「感心」でもありません(笑)

答え:かんしん→汗疹=あせも

3:せいしき

「正式」ではありません。

答え:せいしき→清拭=体をふくこと

4:ごえん

あなたと出会えた

「ご縁」ではありません(笑)

答え:ごえん→誤嚥=誤って気管内に入ること

以上、4問いかがでしたでしょうか?

漢字で見ればわかる言葉でも、

音だけでは何を意味しているか

わかりづらいですよね。

こうした専門用語が当たり前になると、

ついつい患者さんにも使ってしまいがちですが

患者さんには伝わりづらいです。

なので、これらの言葉を

患者さんに伝わる一般的な言葉で

話すようにすれば

それだけで意味がスムーズに伝わり、

患者さんも安心してくやすくなるでしょう。

自分の常識は

必ずしも相手の常識ではない。

これを強く意識して、

相手に伝わる言葉で

お話ししたいですね。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

いつも応援しています!

高嶋由香