ご主人のことでため息をつく女性

こんにちは、高嶋です。

ご主人のことでため息をつく女性。

何かに悩んでいる様子です。

そんな彼女に私は聞いてみました。

旦那さんのいいところって何ですか?

すると、

「誠実で、真面目で、何と言っても、優しい人です。」

次に私は

こんな質問をしてみました。

高嶋:

こんな旦那さんだったらどう思いますか?

あなたが望むように面白い人だけど、 

不誠実で、自分勝手。

家庭のことを顧みず、

不真面目で遊び歩いていて、 

生活費も入れてくれない。

優しさのひとかけらもなくて、 

DVの一歩手前。

子供たちのことは、

他人事で全く考えない。

そんな人だったらどう思いますか?


私がそんな旦那さんを演じながら

質問すると、

私の演技がよっぽどおかしかったのか、

彼女は大笑いして、

「主人にも良いところがあるのに、

当たり前になって見えなくなっていました。

気づくことができました。

ありがとうございます。」

と最高の笑顔で、最高の握手をしました。

これは以前、実際にあったお話です。

人は、身の回りの人の良いところや

すでに手に入れているもの、

すでに達成していること、

そういったことが

当たり前になって

見えなくなってしまいがちです。

すると、不満が出てきます。

何か不満を感じた時には、

・いいところって何かな?

・私がすでに手に入れてるものって何だろう?

・すでに達成していることって何だろう?

そんなふうに視点を変えて、

一つひとつ書き出してみるのが

おすすめです。

思っている以上に

たくさんの良いことや達成したことが

 身の回りにあることに気づきます。

ぜひやってみてくださいね。

今日もありがとうございます。

いつも応援しています!

高嶋由香