ソフトスキル・ソーシャルスキルとしてのコーチング

「自分のこれまでの人生の中で得た経験・スキルで、これだけは無くしたくないと思うものはなんですか?」そう問われたら、私は、「コーチング」と答えます。

おかげで、人生が申しわけないほど、いい意味で「楽」だし、望む「結果」がでるので、コーチングを活用できて、正直うれしいです。

それはもう、知らない方に申しわけないくらいに思っています。

なので、一人でも多くの方に役立てて欲しいと心底思います。

なにがそんなに「楽」かというと、たとえば、「魚釣り」と「魚」にたとえるならば、コーチングは、問題に対する答えをもらうのではなくて、(「魚」をもらうのではなくて、)問題をどうあつかうかに気づき、学び、それがどんどん楽にできるようになってくるんです。

いわゆる人生の「魚つり」がたのしくできるようになってくると言えるかと思います。

たとえば一つに例として、コミュニケーションにすぐ生かすことができる「プレフレーミング」をあげてみます。

プレ=事前にフレーム=枠をつける平たくいえば、まえおきです。

私は、コミュニケーションの達人は、一つには、まえおきの達人でもあるではないかとさえ、おもうことがあります。

効果的なのは、相手のことを最初から特別なポジションにおいてしまう、次のようなプレフレーミングです。たとえば、「あなたのことを信頼しているから言うのですが・・・」と、プレフレーミング(まえおき)されたら、それはもう「信頼されている」というポジションで、次のことばを聞くことになるわけです。

たとえば、「あなたならわかってくれると思うからいうのだけど・・・」と、プレフレーミングされたら、「わかってくれる人」というポジションにおかれて、聞くことになるわけです。ちょうど今日、介護施設の施設長さんと話していて、スタッフとのコミュニケーションの悩みを聞いていた時に、「今、私に仰って下さったように、「スタッフのことを大事に思うからいうわけで・・」というのをそのまま、スタッフの方と話すときに、「まえおき」したら、どうでしょうか?「あなたのことを大事に思うから言うのだけれど・・」と。

と申し上げると、「え?」と驚くような表情されたので、「ご自身がスタッフの立場だとして、そう言われたらどうですか?」と伺うと、にっこり笑って、目を輝かせてくださいました。

ソフトスキル・ソーシャルスキル。AIや機械にはできない、対人、対感情を真にあつかっていくことができるスキル。

コンピュータは、問題解決の「魚」を提供することができるかもしれませんが、これからの時代、私たちに必要なのは、「魚」ではなくて、「さかなつり」つまり、ものごとを、人間関係を、どうあつかっていったらいいかが、ますますわかるようになる、ソフトスキル・ソーシャルスキルとしてのコーチング力だと痛感しています。

【先着50名】コーチングセミナー

「プロコーチが成功する5つの理由」

受講者は限定50名とさせていただきます。

今すぐ席だけでも確保しておいてください。 

日時:

5月15日(土)10:00

5月20日(木)21:00


※もし、上記の日程以外をご希望の場合は
 こちらのLINEに登録していただき
 「コーチングセミナーの件で登録しました」
 とご一報ください。
 日程が決まり次第優先的にご案内致します。 

※席が確保出来たら、
ZOOMセミナーへの入り方を送ります。

※別日程を希望される方はこちらに登録しておいてください。改めて開催日が決まりましたらご連絡差し上げます。売り込みなど一切ありませんので安心してご登録ください 。