狩猟脳になってませんか?

こんにちは、高嶋です。

先日、こんな質問をいただきました。

「できるだけ楽をしたいと

 思ってしまうのですが…

 そんなことを考える

 自分がコンプレックスです。

 どうしたらいいですか?」

この質問を下さった方は

悩んで自分を責めていました。

ですが、

私はその方のオープンさを

とても嬉しく思いました。

そして、こう伝えました。

「大丈夫です、

 脳はそうできていますから」

実は、人間はできるだけ楽をして

エネルギーを消費しないような

仕組みになっています。

なぜ、そんな仕組みなのか?

というと

あなたを守るためです。

あなたを守るために脳が

コントロールしているのです。

だから、安心してください。

「楽をしたい」

と思うことは正常です。

歴史を振り返ることで

納得してもらえると思うので

ちょっと振り返ってみましょう。

人間の誕生からの歴史を

1日に例えると

驚くことに、

最初の狩猟時代が

夜の11時40分までです。

要するに、

次にいつ獲物を仕留めて

食べ物にあずかれるか保証がない時代が

圧倒的に長かったのです。

だから、脳はできるだけ

エネルギーを使わないように

するのも無理はありません。

ただ…

今はその時代とは違います。

「自分の人生をこう生きたい!」

「望む未来を自分で作りたい?」

と思うなら、

自分の脳をうまくその気に

させなければいけません。

それが、

「コーチングのスキル」なので

あなたにもコーチングに

興味を持っていただけたら

嬉しく思います。

それでは今日も素敵な1日となりますように…

あなたをいつも応援しています!

高嶋由香